婚活イベント「独婚祭 2015 Summer」

婚活ペディア~お薦め結婚相談所・婚活パーティーを紹介~

婚活ペディアは理想のパートナー探しを積極的に頑張っているあなたを応援している婚活応援サイトです。お薦めの結婚相談所や婚活パーティー、婚活サイトも紹介しているのでぜひ参考にしてください。

婚活イベント「独婚祭 2015 Summer」が東京オペラシティで開催決定!

2015年7月18日、日本婚活支援協会が7月25日に婚活イベント「独婚祭 2015 Summer」が東京オペラシティ(東京都・新宿区)で開催するというニュースが届きました。

昨年から夏シーズン「独婚祭 Summer」イベントが開催されていましたが、好評につき今年も7月の開催となりました。



婚活イベント「独婚祭 2015 Summer」
(婚活イベント「独婚祭 2015 Summer」の公式サイト)







東京オペラシティの53階がイベント会場


婚活イベント「独婚祭 2015 Summer」では、20代~40代の独身男女の出会いを応援する婚活パーティーとして毎年開催されています。

今年で5年目を迎える人気の婚活イベントです。今回のイベント開催会場となる「東京オペラシティ」の53階には、地上230mからの見事な眺望と共に8つのテーマ別コーナーが用意されているのが特徴となっています。

イベント参加者は自由に移動しながら異性と会話を楽しむことができる環境が整っています。



東京オペラシティ
(会場となる東京オペラシティ)





8つのテーマ別コーナー


用意されている8つのコーナーは、「はじめての婚活」(婚活デビューの20代、婚活初心者の方向け)、「夜カフェでまったり」(ノンアルコールで話したい人向け)、「ようこそ東京」(地方からの参加や地方出身者向け)、「理系男子との集い」(理系出身者や高学歴の人と知り合いたい人向け)、「とにかく飲もう!」(お酒好きな人向け)、「大人たちとの出会い」(40歳以上の方や年上と知り合いたい人向け)、「カップル席で夕涼み」(二人でじっくりと話したい人向け)、「告白タイム」(男性有志がイベントの最後を盛り上げる)となっています。

中でも、男性が気になる女性1名を選んで告白する「告白タイム」は、パーティーが盛り上がる最大のイベントとして人気です。





明るく楽しめる婚活パーティー


堅苦しいイメージはなく、参加者全員がわいわいと明るく楽しめる婚活パーティーです。

先着順となっているので、婚活イベント「独婚祭 2015 Summer」に参加したいと考えている方は早めに申し込みを済ませてください。

ひょっとしたら地上230mの素敵な会場で結婚につながるお相手との出会いがあるかもしれませんよ^^





イベント概要


開催日時 7月25日(18:30~21:00)
会場 東京オペラシティタワー・53階
定員 男女合計80名
参加資格 現在結婚を希望している独身男女で、男性は27歳~50歳位、女性は24歳~45歳位まで
参加費 男性⇒20代5,500円、30代6,500円、40代7,500円、女性⇒20代4,500円、30代5,000円、40代5,500円(※参加費用にはビュッフェ7品とフリードリンク付きが含まれています)











お薦め結婚相談所

真剣に結婚を考えているなら結婚相談所に入会して婚活を始めるのが一番です。

数ある結婚相談所の中から、成婚率や料金プラン、サポート体制などを総合的に判断してお薦めできる結婚相談所TOP3を紹介しています。

ぜひ、あなたも素敵なパートナーと巡り合って幸せを掴んでください^^


楽天オーネット

楽天オーネット

低料金で年間198名まで交際を申し込める!

楽天オーネットならテレビCMも放送されていて非常に知名度が高く、安心して登録することができます。また、プレミアムプランに登録すると年間198名まで交際を申し込むことができるので、積極的に婚活をしたい方にお薦めです。

パートナーエージェント
パートナーエージェント

活動1年以内に成婚を目指せる結婚相談所

パートナーエージェントは早期の成婚を目指せる結婚相談所として知られています。専門スキルを習得した婚活のプロの専任サポートサービスによって、66.4%の会員の方々が活動を開始して1年以内の成婚を実現しています。

IBJメンバーズ

IBJメンバーズ

業界最大規模の会員数と成約率の高さが人気です

IBJメンバーズでは日本結婚相談所連盟のネットワークを活用することで、約57,000名の中から理想の結婚相手を探し出すことができます。実際に1年以内に成婚している割合は70.9%に達している優良結婚相談所です。









自分のペースで気軽に婚活をしたいなら、婚活サイトを利用するのもお薦めです!

<< 詳細はこちら


 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
サイト運営情報